認知症予防サプリランキング

認知症予防におすすめのサプリを紹介しています。

 

血中のDHA濃度を高めると認知症発症リスクが下がったという結果もあるほど、青魚に含まれるDHA・EPAが認知症予防に良い影響を与えます。そのほか脳の疲れを取り去るイチョウ葉エキス、アルツハイマー症を予防する中鎖脂肪酸、脳の健康を守るフェルラ酸などが有効といわれています。

 

高齢化社会に伴い今後もどんどん認知症予備軍といえる高齢者が多くなってきますので、身近な人間が予防に手を差し伸べてあげましょう。

 

きなりの特徴

きなりは、脳のスッキリを応援するDHA・EPAを高含有したサプリメントです。DHA・EPAの持つ血行促進作用が認知症の予防、うっかり・物忘れなどの対策に積極的に働きます。高齢になるにつれ心配な認知症の発症リスクを軽減に役立ちます。当サイトより初回特別価格に加え返金保証付の購入ができます。

価格 1980円
評価 評価5
備考 DHA・EPA500mg含有

 

中鎖脂肪酸メモリオンの特徴

中鎖脂肪酸メモリオンは、認知症の対策に良い中鎖脂肪酸を含んだサプリメントになります。脳の栄養不足は、認知症、脳機能の低下をもたらします。脳の健康を守るために中鎖脂肪酸は注目を集めています。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸はブドウ糖に代わる脳の栄養源となる働きを持ちます。メモリオンは1日あたりに6gもの中鎖脂肪酸が摂れるから、脳にたっぷりの栄養を与えることができ、認知症の予防、脳の老化防止に有用です。当サイトより今なら15日分のお試しセットが980円です!

価格 980円
評価 評価4.5
備考 中鎖脂肪酸

 

プラズマローゲンの特徴

プラズマローゲンは、「知的健康」をコンセプトに有効成分プラズマローゲンを配合したサプリメントです。臨床試験結果からも認知症・物忘れに作用したことが判明し、某テレビ番組でも紹介されるなど非常に注目集めています。

価格 12033円
評価 評価4
備考 テレビでも話題!

 

びわ丸の特徴

びわ丸は、累計10万袋突破のびわの葉エキスを配合したサプリメントになります。研究の結果、アルツハイマーの原因とされるアミロイドβたんぱく量、神経細胞死をもたらす過剰リン酸化Tauたんぱく質の量を減らすことが判明しています。つまり、物忘れ、アルツハイマーなどの予防に効果的として近年注目されています。当サイトから今ならお試しパックの購入が可能です。

価格 2030円
評価 評価3.5
備考 ねじめびわ茶葉凝縮!

 

イチョウリーフの特徴

イチョウリーフは、にんにく卵黄でもおなじみの健康家族が販売するサプリメントです。脳の疲れ、スッキリに良いイチョウ葉エキスやDHAなどを5つの有効成分を配合しており、毎日の生活の中で増えた「あれ?」や「うっかり」に役立ちます。年齢とともに頭がもやもやしてスッキリしない方におすすめのサプリメントです。

価格 1814円
評価 評価3
備考 イチョウ葉エキス

 

認知症予防は早期発見・早期治療が重要

 

認知症には種類があり、中でもアルツハイマー型や脳血管性認知症には、生活習慣病との関連性が指摘されています。

 

生活習慣病といえば、高血圧や糖尿病、高脂血症など、現代日本人の多くが発症している病気です。

 

これらの病気は、生命に関わる大病につながるリスクももっていますが、実は認知症に進行してしまう恐れもあるのです。

 

生活習慣の見直し

 

生活習慣が大きな原因と考えられるなら、認知症の予防には生活習慣を見直して改善すればよさそうです。

 

例えば、栄養バランスに気をつけた食事をとったり、睡眠や入浴をしっかり行う、毎日体を動かすようにするなどの習慣をつければ、健康と共に認知症予防にもなるのではないでしょうか。

 

生活習慣というのは、基本的な生活要素を修正すれば健康的にしていけるものです。こうしたことを面倒がって放棄しているようでは、記憶力の低下などを自ら招いているようなものですね。

 

早期発見と早期治療

 

認知症の発症には兆候があり、本人あるいは周囲が「あれ?」と思う瞬間が必ずあるそうです。それを見逃さずに心配し、早めのケアや治療を開始することで、改善が可能になるといいます。

 

進行の予防という意味でも、ひょっとして認知症かもしれないと思うことがあったら、専門家に相談してみることをおすすめします。

 

また、最近では認知症対策ができるサプリメントも出ていますから、健康のためにもサプリメントで栄養補給を考えてみるのもよいでしょう。

 

とかく栄養バランスが悪くなりがちな現代生活ですが、サプリメントなどで不足している栄養を補給できるのは非常に便利です。体との相性を考えて、最適なものを探してみてはいかがでしょうか。

 

これ認知症…?症状チェックリスト

 

若い人の間でも、ちょっと度忘れしたりすると、ボケの始まりじゃないの?などとからかわれることがあります。圧倒的な高齢社会となった今ではシャレにならない言葉ですが、それほど記憶力というのは人にとって重要なポイントを締めているということでしょう。

 

認知症は、早期発見して早期対策を始めるのが肝心といわれます。疑いがなくとも、自分で、あるいは身近な人が気付いて認知症のセルフチェックをしてみたほうがよいでしょう。

 

認知症のセルフチェックにもいろいろありますが、項目をチェックして数が多ければ認知症の疑いが強いとするチェック法を紹介しましょう。項目は3つのカテゴリに分かれ、10問ずつ用意されています。それぞれ3〜4項目ずつチェックが入ると、1番目のカテゴリでは軽度、2番目のカテゴリでは中度、3番目のカテゴリでは重度認知症の疑いが持たれます。セルフチェックだけでは診断がしきれませんが、病院に行く目安としてトライしてみてください。

 

カテゴリ1:

 

・ついつい、ぼんやりしてしまう。
・生きがいを感じられない
・根気がなくなった
・発想が貧しくなり、画一的
・計画を立てるのが苦手になった
・3つ以上の用事があると、同時には片づけられない
・反応が鈍くなり、もたもたしている
・繰り返し同じことを語り、問いかける
・無表情で無感動に見える
・話し相手の意見を聞かない

 

カテゴリ2:

 

・日付がわからなくなった
・身だしなみを気にしない
・家庭内で簡単な用事ができない
・電気やガスをつけっぱなしにする、水道を締め忘れることが多くなった
・料理が上手くいかなくなり、味付けできない
・薬を指定通りに飲めない
・季節感のない服装をする
・昨日したことをすっかり忘れてしまう
・大切なものの場所を忘れて、盗まれたと勘違いする
・計算が苦手になる

 

カテゴリ3:

 

・同居している家族の名前も顔も忘れる
・汚れた下着を取り替えない
・一人では洋服を着られない
・風呂に入りたがらない
・さっきした食事も忘れてしまう
・自宅の方向を忘れてしまう
・食事や入浴、排せつを一人で出来ない
・同じ言葉を繰り返し、独り言をぶつぶつ言う
・誰もいない場所に人がいると言う
・トイレを失敗し、自分では処置ができない

 

認知症に効果期待のサプリ成分

 

認知症になると完治は難しいといいますが、進行を遅らせたり、予防をすることは可能です。規則正しい生活をしたり、食事の栄養バランスを整えることも好影響を与えます。食事の栄養バランスは完璧にはいかないこともままあるため、サプリメントを活用して食事の補助にするとよいでしょう。最近では、認知症対策になると研究されている成分も、続々と出てきています。

 

例えば、DHAは青魚に多く含まれる成分で、脳血管型認知症に効果があるという研究結果が発表されています。死滅せずに残されていた脳細胞がDHAによって活性化され、脳の働きを補うためだといいます。

 

ココナッツオイルに含まれることで大ブームが起きた中鎖脂肪酸も、認知症に効果的といわれる成分です。他の食品に含まれる中鎖脂肪酸よりも、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸はエネルギー効率が高く、脳のエネルギー不足に大活躍するといいます。

 

プラズマローゲンはまだ聞き慣れないという人が多い成分ですが、人体のリン脂質の18%ほども占めている成分だと知ったら驚くのではないでしょうか。貝類の中でもホタテやホヤに多く含まれ、鶏胸肉に含まれていることもわかっています。

 

鶏胸肉といえば経済的な食材ですが、毎日食べるのは飽きてしまいますよね。サプリメントの素材としても注目されているプラズマローゲンは、最新の認知症対策成分としてテレビでも取り上げられました。

 

記憶力対策によいといわれてきたイチョウ葉エキスは、認知症対策としても注目されています。脳の血行を改善してくれる作用があるといいますから、期待できそうですね。

 

認知症サプリの摂り方

 

認知症対策としてサプリメントを活用するときは、飲む量や飲み方にも注意する必要があります。サプリメントは薬ではありませんから、厳密にはどう飲むのも自由なのですが、より効果的に活用したり、逆効果を招くような飲み方を防ぐためには、使用法にも注意が必要です。

 

例えば、認知症サプリを飲む量は、メーカーの製品の案内に従うのが基本です。人によって、少々量を減らしたりするのはよいとしても、推奨量より多い量を飲むのは控えておいたほうがよいでしょう。食品を食べ過ぎて体調不良を起こすこともあり、サプリメントにも同様のことがいえます。

 

製品によっては、飲むタイミングを推奨している場合もあるでしょう。そんなときは、アドバイスに従って試してみるのもおすすめします。

 

毎日続けていくことも大切ですから、自分で覚えていやすいタイミングを飲む時間にするのもよいでしょう。
ただ、満腹のときよりは、空腹時に飲むほうが吸収率が高いこともあります。空腹時には飲まないほうがよいとされていない限り、食前などに飲んでみる手もあります。

更新履歴